メニュー

事業内容 - PVテクノサイクル株式会社

事業内容

PVテクノサイクルについて

太陽光パネル群

全国各地で太陽光発電システムの設置が進む中、国内で寿命を迎える太陽光パネルの年間廃棄量は年々増加し、2040年には80万トン(東京タワー200基分相当)に達するとの予測があり、その処分は大きな課題となっています。

こうした中、太陽光パネルのリユース・リサイクル市場で他社に先駆けて効率的な回収・処理方法を確立するため、リサイクル専門の株式会社浜田と太陽光パネル専門の株式会社エヌ・ピー・シーの合弁でPVテクノサイクル株式会社は設立されました。

出資会社2社の強みが生み出すシナジーを最大限活用し、環境負荷の少ない低コストな太陽光パネルのリユース・リサイクルを推進いたします。

事業内容

事業内容

ご不要になった太陽光パネルについて現地検査・選別を行い、リユースまたはリサイクルの処理を承ります。
またそれ以外にも、パネルの取り外しや太陽光発電所の検査・メンテナンスにもご対応致します。

当社の強み

service img02

パネルのガラスと金属を完全リサイクル

世界唯一の特許技術「ホットナイフ分離法」により、ガラスを割らずにEVA/セル層と分離する解体ラインで、低コストで効率的に太陽光パネルのリサイクル処理を行っています。出資会社の株式会社エヌ・ピー・シーは、このリサイクル処理に関連した特許3件を取得しており、環境省の「太陽光発電設備のリサイクル等の推進に向けたガイドライン」にも掲載されています。

産業廃棄物処理の専門企業と太陽光パネルの専門企業のシナジー

産業廃棄物処理の専門企業と太陽光パネルの専門企業のシナジー

当社は、産業廃棄物処理で40年以上の実績を持つ株式会社浜田と、太陽光パネルの製造装置から解体装置までを手がける株式会社エヌ・ピー・シーの合弁で設立されました。それぞれの業界での両社の強みを最大限に発揮し、太陽光パネルの循環型社会の形成に貢献します。

排出パネルの品質を診断

排出パネルの品質を診断

当社は、太陽光パネルメーカーが工場で行う検査とほぼ同じレベルの検査を現場で実施し、対象となる太陽光パネルの品質を判定します。

リユース可否の判定にとどまらず、詳細な分析によってパネルの性能や品質を高精度で評価、選別を致します。

リユースパネル

信頼性の高いリユースパネルを提供

排出パネルを高い精度で評価・分析後、必要に応じてリペアを行い、高品質で信頼性の高いリユースパネルを提供します。
リユースパネルは、独立電源や、太陽光発電所の過積載※等の用途に使用することができます。

※パワーコンディショナーの容量を上回る出力の太陽光パネルを設置することで、総発電量を増加させる手法

全国を網羅するネットワーク

全国を網羅するネットワーク

当社は、物流や産業廃棄物回収等の全国的なネットワークを有しており、全国どこでもワンストップで各種サービスを提供しております。

窓口を一本化

収集運搬・処分の窓口を一本化

産業廃棄物法では、排出する際に収集運搬業者と処分業者、それぞれと二者間で委託契約を結ぶよう定められています。
当社は収集運搬業者と処分業者の窓口を一本化することができます。
煩雑な手続きも当社に安心してお任せください。

Copyright © PVテクノサイクル株式会社 All Rights Reserved.